ロカボとは?ロカボで続くダイエット

TVでも紹介されていた、今注目のロカボについてまとめました。

話題の「ロカボ」の意味は?

糖尿病対策として、「ローカーボ」という方法があります。
糖尿病になると、血糖値を上げないよう注意しなくてはいけません。
そこで、食事の際に血糖値を上げる炭水化物や糖質の摂取を制限する
「ローカーボ(a low-carbohydrate)=低炭水化物、低糖質」が推奨されています。

そして、ローカーボより、もっと続けやすい、ゆるやかな糖質制限が「ロカボ」なんです。
こちらは、北里研究所病院糖尿病センター長でもある山田悟氏が代表理事を務める食・楽・健康協会が提唱する食事法です。

出典:http://instagrammernews.com/

なぜ糖質を制限するの?

血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度が「血糖値」
血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げようとして「インスリン」がたくさん分泌されます。
インスリンは血液中の糖分を減らすために、体の組織に糖分を分け与え、それが脂肪となって体に蓄えられてしまうんです。

インスリンの働き

血糖値が急激に上がるインスリンがたくさん出る脂肪を貯めやすくなる
ということなんですね。
血糖値が急激に上がる食べ物は、ご飯、パン、麺類などの炭水化物や、果物や砂糖などのすぐにエネルギーになりやすいもの。
これらをひかえる「ロカボ」で、血糖値の上昇をおだやかにします。

ゆるやかな糖質制限「ロカボ」

ロカボでは、1日に食事から摂る糖質量を合計130g以下にします。
全てカットするわけではなく、
朝・昼・晩の食事で各20~40g、そしておやつで10gまでの糖質はOK。
極端に減らすわけではなく、普段の生活に必要な糖分はきちんととりましょう。

炭水化物や糖質に気をつければ良いので、
血糖値を上げないタンパク質や油脂は、ほどほどに食べても大丈夫なんです!
おやつも糖分量に気をつければ食べて良いので、
どうしても食べたい人も続けやすいのが特徴です。

ではどのくらい食べても良いのでしょうか?

NEXT: おすすめのロカボ食材はこちら!

糖質制限ダイエットと脂肪カットダイエットどっちが痩せる?

脂肪カットもブームですが、実はどちらが痩せるかは個人の体質によります。以前私は遺伝検査キッドで調べたところ、糖質(炭水化物)よりも「脂質」で太りやすいことが判明しました。今まで糖質制限を頑張っていたのに、それよりも油がダメだったなんてとてもショックでした。。
遺伝子検査キットは今注目です。郵送などで手軽にでき、病気のリスクや体質がわかります。適切なダイエット方法を見つけることにも役立つので、脂肪カットダイエットを始める前に一度遺伝子検査を受けてみても良いでしょう。

痩せられない理由がわかる【FiNC遺伝子検査】


ロカボについてもっと詳しく知りたい方はこちらがおすすめ!

ロカボを提唱する山田悟先生監修の本

ロカボバイブル [ 食・楽・健康協会 ]

価格:1,944円
(2016/2/1 00:52時点)


糖質制限の真実 [ 山田悟 ]

価格:842円
(2016/2/1 00:57時点)
感想(4件)